自分と人と世界を感じる五感と感性を磨くクリクリエーションズ

自分と人と世界を感じる五感と感性を磨くクリクリエーションズ

周りの人ともっと分かり合って人間関係を良くする方法:事実と解釈と感情を分けてとらえよう+相手のものさしをとらえよう

March 12, 2014
By
約 1 分

解釈と感情はその人次第

 

自分の価値観と感情が出て来ると、無意識的にも、自分の考えや気持ちを話したくなります。話を聞きながら、「自分のものさし」(自分がものごとの判断をしている価値観や考え方)をもちだしてしまいます。すると、相手がどう考えているか、感じてるかが見えなくなったり、わからなくなったりします。

 

自分が話そうとすることを、全く異なるものさしで捉えられると話し手は自分の言いたいことが伝わらないと思い、話を進めていく気持ちがなくなってしまいます。

 

事実は何か?そう問いかけることで、自分のものさしや価値観や感情から離れて客観的に事実を観ることができるようになります。

 

さらに、話し手のものさしがどのようにできているのかを、徹底的に知ろうとすることが大切です。

 

ではどうしたら、話し手のものさしを捉えることができるのでしょうか?

 

まず、受け答えをするときには、話し手が話した言葉をそのまま使って応じます。聞き手が自分の解釈で言葉の表現を変えてしまうと、話し手のものさしからはずれることがあるからです。

 

話し手の言葉は、話し手のものさしを知る大切な手がかりですから、そのまま尊重することが大切です。

 

こうして話を聞いていくうちに、話し手のものさしがだんだんと見えてきます。聞き手は、そのものさしを使って、話し手の思いを受け止めていくことができるようになります。すると、どんな話を聞いても、「こういうものさしをもっているから、こう考えるんだな、感じるんだな」と了解しやすくなります。話し手が考えたり感じたりする理由となるものさしまで認めることで、話し手の解釈や感情を認めやすくなります。

 

自分の解釈や感情を離れて事実を捉えること

その事実に対する相手の解釈や感情とこれらを生み出したものさしを捉えること

意識してみてくださいね。

 

具体的には

「事実は何か?」「それは自分の解釈や感情ではないか?」「相手はどう解釈したり感じたりしているか?」「相手がそう考えたり感じたりするのはどうしてか?」「相手はどんなものさしで捉えているのか?」と問いかける事などから始めてみてください。

 

 

ロータス治療院(原宿)で、「家族、恋人、仲間、同僚、お客さん、周りの人ともっと分かり合って仲良くしたい人のための対話・傾聴トレーニング講座」やっています! 自分とは違う感覚や価値観や経験を持つ他人と分かり合うための聞き方のコツ知りたい方はこちらもご覧下さい♪

 

関連記事

『わもん 聞けば叶う』薮原秀樹著から学ぶ、どんな相手や状況でも相手の話をありのままに尊重して聞くための20のコツとヒント

『わもん 聞けば叶う』薮原秀樹著から学ぶ、円滑で、平和で、創造性豊かな会話を実現するための精神とその効果

聞く力・聴く力を磨くのに役立つ8つの方法

聞く力・聴く力を磨くのに役立つサイトまとめ

話の聞き方・コミュニケーション力を磨く20のポイント

大切な人と深く豊かにつながるためにー話の聞き方・傾聴力・相手を感じる感覚を磨くための23のポイント

大切な人と深く豊かにつながるためにーコミュニケーション力を高める質問10のコツ

大切な人と深く豊かにつながるためにー信頼関係を築くためのコミュニケーションスキル11

 

—————————————————————————————————-

大切な人と深く豊かにつながるために、さらに聞き方・話し方を深めたい方はいますか?そのポイントの解説をお伝えする、無料メルマガをやっています。

大切な人と深く豊かにつながりたい方のお役に立てたら嬉しいです。ぜひご活用ください。

*メールアドレス
*呼ばれたい名前
*住んでいる所

The following two tabs change content below.

kuri

自分開き・心開き・感覚開き・悟り開き人”くり”です! 「自分と相手と世界を感じる感性をひらく」ことを通して、「自分と相手と世界と仲良く調和できる世界をつくる」ために活動しています!


周りを感じる感性を開いて、コミュニケーションやチークワークを豊かにしたい方はこちらもどうぞ。

自分と仲間を感じる感性を磨く感覚開き研修

楽しみながら感性を磨いてモチベーションとチームワークを高める感覚開き社員旅行

Leave A Reply

*
* (公開されません)
*