自分らしく生きる・楽しく生きる!やりたい仕事・天職が見つかる!幸せになる!自分を大切にする! 自分がわからない方の自己分析とコミュニケーション力・モチベーションアップに メンタルヘルスとストレス解消にも効く

自分を知る・感性を磨く・観察力を磨く・聞く力を磨く 自分と人と世界を感じる五感と感性を磨くクリクリエーションズ

自分を知る・感性を磨く・観察力を磨く・聞く力を磨く 自分と人と世界を感じる五感と感性を磨くクリクリエーションズ

映画作品を豊かに感じるための方法:文教大学-映像情報論での実践例

December 8, 2014
By
約 1 分

こんばんわ。

 

 

今日は、来週の芸術感覚開きツアーにむけて準備をしていました、くりです。

 

 

感じる対象である作品に対して、

どんな感覚を開けば、よりその作品をより深く感じることができるか。

その感覚を開くためにどのような方法が有効か。

そんなふうに考えていきます。

まずは感じる対象がどんなものであるか、しっかり捉えていくことが大切です。

 

今回の展覧会に出ている作品は以下のようなものです。

第1部「ホームムービー・ファクトリー」は、喫茶店、路地裏、電車、森、オフィスなどのセットを舞台にオリジナル映画作りに挑戦できるワークショップ型体験展示です。

 

第2部「Around the World in 19 Videos」は、ゴンドリーの代表的なミュージックビデオ作品19本をフィーチャリングしたインスタレーション作品です。

アイディアあふれる19篇の物語が散りばめられた映像の迷宮の中を歩いていきます。

最新作『背の高い男は幸せ?』のためのドローイングや、『ムード・インディゴ:うたかたの日々』『恋愛睡眠のすすめ』などの映画に登場するロマンティックで不思議な小道具たちにも出会えます。

 

 

今回は映画に関する展示です。

 

映像作品を感じる感性を開くということは、3年前から文教大学広報学科で行っている「映像情報論」という授業で取り組んできたテーマです。

今日は、授業で行ってきた実践例を紹介します。

 

 

 

この授業では、

・自己対話:自分の感じていることを感じること

・感覚トレーニング:ものごとの感じ方を豊かにすること

・ものごとが生み出す感覚感情のパターンを集めること

・そのパターンを利用して、映像作品を通して、つながりたい感覚感情になることを導く事

をしてきました。

 

 

映像情報から何を感受・知覚するか、まず 

自分が感じていることを感じるメタ認知のトレーニング

をしながら、 自分の感覚感情に気づいていきます。

 

 

 

自分が感じていることを細かく感じわけるために、

感情言語のボキャブラリーを増やす

ということを行いました。

 

これは、感覚開きカードでいうと、

「今感じていることをオノマトペで表現してみよう」
例:なんかイガイガする

「今感じていることを詩で表現してみよう」

「今感じていることを二重修飾語で表現してみよう」
例:富士山がどかーーん!って爆発したような嬉しさだった。

「今感じていることを比喩で表現してみよう」
例:白いティッシュがふんわりゆっくりと落ちてくる感じ

などが当たります。

ボキャブラリーが少なくてなかなか言語化できない段階の人には、感情語リストの中から、今の自分の感覚はこれに近いとか選択してもらうことは有効でした。

 

 

さまざまな映像を実際に観ながら、

私が探究してきた世界を感じる為のコツ

実践しながら

映像や映像が映し出す環境に対する感覚

を広く深くしていきます。

 

 

例えば、

「人の雰囲気を色で捉えよう」

ということを行いました。

 

ある友人が人を観て何色かが見えるという話を聴いて、その感覚を自分でも身につけたいと思ったことがきっかけでした。

 

そういう意識を持って町中の人を観て行くと確かに色が感じられます。

 

その友人はカラーチャートを見せながら、かなり細かい解像度で捉えていました。

透明度や触感(てかりのある、マットなとか)も感じていました。

 

 

これくらい、人の雰囲気の違いや変化を細かく感じることができたら、映画の登場人物の雰囲気や心の変化もより豊かに感じられるようになります。

 

 

 

また、他者と自分との観点や解釈の違いを共有していく中で、

ある映像が鑑賞者にどのような心理的効果や感覚をもたらすか

を実体験を通して学んでいきます。

 

 

 

映像表現とそれが与える感覚や感情のパターンを整理し、映像作品制作時に活用できる表現パターン集を作成していきます。

 

 

 

最後に、生み出したい感覚感情を学生自ら設定し、それに適した表現を企画検討し、最終的に映像作品を制作していきます。

 

 

 

映画に限らず、芸術は、鑑賞者のリテラシー(読み書き能力)によって、感動度合いが変わってしまいます。

映画を観る前に、観る人の感覚スイッチを入れて、深く豊かに感じる場をつくれば、よりその映画作品を深く味わい、楽しみ、多くのことを気付いて受け取ることになります。

自主上映会のようなイベントの前に、「感覚開き」「感じる場づくり」をするというのをやっていきたいと思っています。もしそのようなことに興味のある方がいましたらご相談くださいね。

 

その後の感覚開き散歩の開催予定はこちらです。
開催希望もこちらで受け付けています。五感を開いて散策や旅を楽しみたい方もぜひご連絡いただけたら嬉しいです。

 

授業内で実践した方法などについては今週改めて書く予定です。

興味のある方はまたブログをチェックしていただければ嬉しいです。

 

感覚開きカードを使ってみたい方、詳しく知りたい方はこちらもどうぞ。

感受性を豊かにする!楽しく生きる!幸せになる!魔法の感覚開きカード

 

 

ありがとうございます。

 

 

自分と人と世界と仲良くなれますように★

 

—————————————————————————-

無料メルマガ「感覚を開くと人生が豊かになる!自分と相手と世界を感じるための方法」

ブログには書けない詳しい情報や最新の情報、プライベートなエピソードと写真なども発信していきます。ご希望の方は、良かったらこちらへ登録ください。

Benchmark Email

関連記事

感性を開いて創造性と人生を豊かにする!芸術感覚開きツアーin東京都現代美術館

【芸術感覚開き始めます!】第一回は12/17にミシェルゴンドリーの世界一周展@東京都現代美術館です!

日常の何気ない出来事や風景が楽しく深く感じられるようになるために、五感と感性を磨く7つの方法

自然にできる表情と造形を感じよう(世界を感じるための方法)

世界を感じるための方法:虫目線で近づいて小さな世界を観てみよう

空色の変化を観てみよう

今まで気付いていなかったものを探してみよう

聴こえた音を書き出してみよう

こだわって観る対象を決めて歩こう

その場所の昔を回想してみよう

何故そうなっているのか意味を問うてみよう

仲良くなれそうな人を探してみよう

天気を感じてみよう

つまらない毎日を楽しくするには?感覚開き散歩のすすめ

○○を高めれば気付く力と学ぶ力も高まる!感覚開きのすすめ

自分とは考え方や感じ方が違う人ともうまく付き合えるようになるには?

発想やアイデアを豊かにするには?感性を磨く方法

感覚開き散歩/五感トレーニング体験者の声

「2/23梅の花、切り通しの岩壁と森を味わおう!鎌倉感覚開き散歩:自然を感じる感性をひらく」の感想

感覚開き塾~自分と相手と世界を感じる感性をひらく~通信課程始めます!

自然を感じる感性を磨いてより楽しめるようになる!感覚開きツアーin高尾山下見報告

高尾山感覚開き散歩:登山コース・豊かな自然・薬王院や天狗などの観光スポット・ハイキング・グルメ

白黒の世界が色鮮やかに!世界を感じる感性を拓き続けたこれまでの人生(パート1)

白黒の世界が色鮮やかに!世界を感じる感性を拓き続けたこれまでの人生(パート2)

白黒の世界が色鮮やかに!世界を感じる感性を拓き続けたこれまでの人生(パート3)

白黒の世界が色鮮やかに!世界を感じる感性を拓き続けたこれまでの人生(パート4)

白黒の世界が色鮮やかに!世界を感じる感性を拓き続ける、今とこれからの人生

 

 

The following two tabs change content below.

kuri

自分開き・心開き・感覚開き・悟り開き人”くり”です! 「自分と相手と世界を感じる感性をひらく」ことを通して、「自分と相手と世界と仲良く調和できる世界をつくる」ために活動しています!


Leave A Reply

*
* (公開されません)
*