自分と人と世界を感じる五感と感性を磨くクリクリエーションズ

自分と人と世界を感じる五感と感性を磨くクリクリエーションズ

レイチェル・カーソンの感性の森 [DVD] カイウラニ・リー (出演), クリストファー・マンガー (監督)

商品の説明

内容紹介

自然と共存するための知恵と信念にあふれたベストセラー、
レイチェル・カーソンの「センス・オブ・ワンダー」を映画化!
「知る」ことは「感じる」ことの半分も 重要ではないのです。――レイチェル・カーソン

著書『沈黙の春』の中で、世界で初めて化学物質の危険性を告発した女性、レイチェル・カーソン。ベストセラー作家としてのキャリアを重ねる一方で、一部のメディアや化学産業からの批判にさらされ、苦難の日々を送っていた。
晩年は癌を患いながらも執筆活動を続け、若くして他界した姪の息子であるロジャーに愛情を注いだ。遺作となった『センス・オブ・ワンダー』はロジャーに捧げられており、自然の美しさや神秘さに目を見張る感性を、いつまでも失わないでほしいという願いが込められている。
本作で主演を務める女優のカイウラニ・リーは、このメッセージを伝えるため一人芝居『センス・オブ・ワンダー』の脚本を執筆し、18年もの間カーソンの最後の1年を演じてきた。カーソンが穏やかに余生を送ったメイン州の海岸にあるコテージに舞台を移し、豊かな自然の中でロジャーと過ごした日々を美しく再現する。 レイチェル・カーソン(1907~1964) アメリカ、ペンシルバニア州生まれ。環境保護のパイオニアとして知られる。アメリカ漁業局勤務時に行った海洋調査の内容を詩情豊かな文章にまとめた『潮風の下で』(1941年)、『われらをめぐる海』(1951年)、『海辺』(1955年)はいずれもベストセラーとなった。1952年、執筆に集中するため漁業局を離れる。1962年には代表作とも言われる『沈黙の春』を上梓。1964年、癌により逝去。没後、友人たちの手によって出版された『センス・オブ・ワンダー』は版を重ね、世界中で世代を越えて愛読されている。カーソンと彼女の著作を称賛するアル・ゴア氏は、「『沈黙の春』がなかったら、ひょっとすると環境運動は始まることがなかったかもしれない」と述べている。 監督・出演:カイウラニ・リー 1950年、バージニア州生まれ。オフ・ブロードウェイ、映画、テレビで35年以上のキャリアを持つ女優。オフ・ブロードウェイの優れた舞台俳優に与えられる、オビー賞受賞経験もある。本作の原案であり、リーのライフワークともいえる一人芝居『センス・オブ・ワンダー(原題:A Sense of Wonder)』は、世界各国で上演を続けており、日本では2005年の愛知万博にて披露された。 ★劇場パンフレット(フルカラー14P)封入! 監督:クリストファー・マンガー/脚本:カイウラニ・リー/プロデューサー:カレン・モンゴメリー、カイウラニ・リー /撮影:ハスケル・ウェクスラー/編集:タマラ・M・マロニー/出演:カイウラニ・リー(レイチェル・カーソン)

内容(「Oricon」データベースより)

世界で初めて化学物質の危険性を告発した女性、レイチェル・カールソン原作であり遺作となった「センス・オブ・ワンダー」を映画化。豊かな自然の中で姪の息子・ロジャーと過ごしたカーソンの日々を美しく再現する作品。

 

Amazonで購入する

The following two tabs change content below.

kuri

自分開き・心開き・感覚開き・悟り開き人”くり”です! 「自分と相手と世界を感じる感性をひらく」ことを通して、「自分と相手と世界と仲良く調和できる世界をつくる」ために活動しています!


世界を感じる感性を開いて、よりクリエイティブになりたい方、発想や観方やコミュニケーションを豊かにしたい方、日常を楽しめるようになりたい方、はこちらもどうぞ。

石ころがダイヤに!日常が遊園地に!感性を磨いて街や風景を100倍楽しめるようになる!感覚開き散歩(五感トレーニング)

チームワークとコミュニケーションを豊かにする!自分と仲間を感じる感性を磨く感覚開き研修

楽しみながら感性を磨いてモチベーションとチームワークを高める感覚開き社員旅行

—————————————————————————————————-

無料メルマガ「感覚を開くと人生が豊かになる!自分と相手と世界を感じるための方法」 ブログには書けない詳しい情報や最新の情報、プライベートなエピソードと写真なども発信していきます。ご希望の方は、良かったらこちらへ登録ください。
Benchmark Email

Leave A Reply

*
* (公開されません)
*