自分らしく生きる・楽しく生きる!やりたい仕事・天職が見つかる!幸せになる!自分を大切にする! 自分がわからない方の自己分析とコミュニケーション力・モチベーションアップに メンタルヘルスとストレス解消にも効く

自分を知る・感性を磨く・観察力を磨く・聞く力を磨く 自分と人と世界を感じる五感と感性を磨くクリクリエーションズ

自分を知る・感性を磨く・観察力を磨く・聞く力を磨く 自分と人と世界を感じる五感と感性を磨くクリクリエーションズ

自分に許可を出せるようになるには?自分を許してありのままに生きていくための3つの方法

August 26, 2015
By
約 1 分

みなさん、こんばんわ!

 

 

感じ方を豊かにして、自分と相手と世界と仲良くなれるようにする!

そのためにできることをすべてしていく、くりです!

 

 

 

昨日は、9/5の会場になる高円寺のsmile earthに行ってきました!

オーナーの吉田さんと場所の使い方とか、イベント内容とか話してきました!旅をして人生が変わった、旅をしても「感じなければ変わらない」、行動につなげること、想っていることが近くてとても共感しました!

 

旅をテーマにしたsmile earthでやるので、世界中を旅していろんな生き方を見てきた、旅を仕事にしている、らんぼうの話を伝えながら、それぞれが自分の生き方・働き方を感じる時間にできたらと思っています!

 

 

今日は、以前、話を聞かせていただいた方の感想を紹介させていただきながら、

「自分に許可を出そう!」

というテーマで書かせていただきますね。

 

 

約2年間、ずっと求め続けていただろう願望が、はじめて自然と自分の口からでてきました。

そんな自分に驚いたし、感動しました。

くりばやしさんの自然なリードは、すごく深い安心感に包まれて、心の底からでる心の声が驚くほどすらすらでてきました。

自分の心が求めていることを、素直に言っていいんだよと、許可がおりるということが初めて実感として分かりました。

その絶対的な安心感を感じ、涙ながらに心の声を話していた時間を、思い出しています。

(せりさん)

 

自分の願望を口に出すことを無意識に抑えちゃっていたりするんですよね。

それはつまり、自分の望みや気持ちをちゃんと受け止めて、許可を出せていない状態だったんですね。

 

 

自分の心が求めていることに許可を出す

というのは、

本当の望みを叶えること、自分らしく生きること

にとって、とても大切です!

 

 

問題は、

抑えてしまっていること、許可を出せていないことに、気づいていない人が多いこと

です。

 

いろんな方と会い、話を聞かせてもらうことがありますが、

無意識に自分がやりたいことをやること、感じていることを感じることを抑えてしまっている人

が多いですね。

 

 

ではどうしたら、許可を出せていないことに気づいて、許可を出せるようになれるでしょうか?

 

無意識に自分の気持ちや行動を抑えていることに気づくために自己観察をすること

が一番のポイントです。

 

私が実践して効果があった3つの方法をお伝えします。

 

(1)他人の声ではなくて自分の声を聞く習慣をつける。
毎朝、感じていることをジャッジせずにありのまま書き出す習慣をつける。
夜寝る前にその1日、何を感じたのかを振り返る。
新月の日に一ヶ月を振り返り、次の一ヶ月どうしたいか望みを感じる。

(2)やるべきではなくて、やりたいかどうかでスケジュールを立てる。やりたくてやる割合を少しずつ増やしていく。

(3)感じたままにやりたいことだけやる日や時間をつくる。例:月一回やりたいことやるDAYを設ける。

 

 

よかったらやってみてくださいね。

やってみてどうだったか、うまくいったこと、うまくいかなかったことなど教えていただけたら、それにお返事させていただきますね。

 

ありがとうございます。
ひとりでも多くの人が自分と相手と世界と仲良く生きていけますように★

The following two tabs change content below.

kuri

自分開き・心開き・感覚開き・悟り開き人”くり”です! 「自分と相手と世界を感じる感性をひらく」ことを通して、「自分と相手と世界と仲良く調和できる世界をつくる」ために活動しています!


—————————————————————————————————-

無料メルマガ「感覚を開くと人生が豊かになる!自分と相手と世界を感じるための方法」 ブログには書けない詳しい情報や最新の情報、プライベートなエピソードと写真なども発信していきます。ご希望の方は、良かったらこちらへ登録ください。
Benchmark Email

Leave A Reply

*
* (公開されません)
*