自分らしく生きる・楽しく生きる!やりたい仕事・天職が見つかる!幸せになる!自分を大切にする! 自分がわからない方の自己分析とコミュニケーション力・モチベーションアップに メンタルヘルスとストレス解消にも効く

自分を知る・感性を磨く・観察力を磨く・聞く力を磨く 自分と人と世界を感じる五感と感性を磨くクリクリエーションズ

自分を知る・感性を磨く・観察力を磨く・聞く力を磨く 自分と人と世界を感じる五感と感性を磨くクリクリエーションズ

感性を磨いて大自然を100倍楽しめるようになる!感覚開き・自分開きツアーin屋久島

August 20, 2014
By
約 1 分

flyer_top

気付きいっぱい!感動いっぱい!

自然を100倍楽しめるようになる!

自然のいろんな魅力が見えてくる!感覚開き散歩

屋久島の自然と風景を五感で味わってみませんか?

 

 

数年前に、自然との交感をテーマとして初めて訪れた屋久島。

1人で縦走している中で土砂降りに降られ日も暮れて死ぬかと思っている時に自分の生命力が湧き上がってくるのを感じました。

山小屋では偶然、森に向かってデジュリドゥをふいて自然と交感する男性の隣になって語り合いました。

 

私にとって、屋久島は、自然に還り、命とつながり、五感と直感を開いて、野性と本能に目覚める、そんな特別な場所です。一昨年からやっている、感覚開き散歩を屋久島でやることが夢でした!

 

そんな夢を今年こそはとやることにしました!

 

▶このイベントツアーに参加して感性を豊かにするとこんなことにつながっていきます。

 

・直感がふってきやすい状態になります。

・見慣れた風景、歩き慣れた道、よく知っている人などが、新しい何かとして感じられてくる。

・毎日がつまらないと感じている人が、特別に生活を変えなくても毎日を楽しめるようになる。

・ひとつのものごとからいっぱい気付きや学びが得られるようになる。

・深く自分の気持ちを感じて、ビジョンや想いを明確にすることができる。

 

 

▶日程:こちらからお問い合わせください。

 

 

▶場所:屋久島(縄文杉ー太鼓岩ー原生林ー白谷雲水峡など)

 

 

▶屋久島へのアクセス:

関東から屋久島に安く行く方法

関西から屋久島に安く行く方法

どちらから来るかによって個別にご案内させていただきます。

 

▶参加費:

通常プラン 45800円(良いご縁が末広がり)(感覚開きガイド料/自分開きコーチングセッション料/ワーク代/宿泊費/5-6回分の食事食材代) *屋久島までおよび島内移動(バス)の交通費は含みません

 

自分開きコーチングセッション無しプラン 33300円

 

【紹介割】1人紹介につき上記料金より5000円割引き

 

▶定員6名 最小遂行人数3名

 

 

▶特典:

・感覚開きカード100枚セット

・くり作の小冊子『世界を感じる感性をひらく』『自分を感じる感性をひらく』

・FACEBOOKグループおよびメールでの事後サポート

 

 

▶予約・お問い合わせ


 

▶感覚開きツアーの参加者の声

 

・「くりさんと組んでくりさんの見方で歩いてみるということをしたとき、木々や他の生き物の個性がよく感じられた気がした。いつもの自分のパターンも観えてきて、また、それをカラにして他の人になりきってみるというのはとても新鮮でした。」(ようこ)

 

・「なりきることで、相手の想いを感じるだけでなく、自分との比較にもなり、自分がさらに明確化したことが感動的だった。自分を語り、相手も語り、相手を知って、自分を知る。」

 

・「いろいろな感じ方があることを気持ち良く認められた」(ひろみ)

 

・「「遠くを見る」のカードに添って、あたご街道からの山を見たときに、遠さと近さ、空間を体《外側と内側》と心《感情、好ましさ、色、形、認識》で感じれました。そのときに、感動《心が動いた》しました。自分と世界がつながりました。このことは、自分が生まれた性質や道を解読する大切な感性を育てるだろうと思えたのが、学びでした。これからも、丁寧に認識、感覚、体感を見ていく時を持ちたいと思いました。」

 

▶前回の開催レポート

感覚開き・自分開きツアーin屋久島開催レポートその1(宮浦港〜安房〜大川の滝)

感覚開き・自分開きツアーin屋久島開催レポートその2(荒川登山口からトロッコ道を歩き縄文杉を目指す!)

感覚開き・自分開きツアーin屋久島開催レポートその3(翁杉ーウィルソン株ー大王杉ー夫婦杉ー縄文杉ー高塚小屋)

感覚開き・自分開きツアーin屋久島開催レポートその4(高塚小屋ー縄文杉ー太鼓岩ー辻峠ー白谷雲水峡)

 

▶案内人プロフィール

感覚開き人。感性開拓研究家/感性開拓コーチ/五感トレーナー。感覚開きツアーガイド。文教大学講師。

感覚開き散歩、五感トレーニング、感性開拓コーチングなどを通して、環境や出来事をより豊かにする感じられるようにして、何気ない日々や風景をより深く味わって楽しめるようになる、あるものごとから多くの発見や気付きを得られる、自分や相手や世界の変化を細かく感じられるようになる、お手伝いをさせていただいています。

情報社会の中で育った私は、溢れる情報の中で、感覚が麻痺して、何も感じない「情報の不感症」になっていく自分に恐怖を感じていました。中学時代から変わった感覚だった私は、学校のルールや社会で言われていることに疑問を持っていました。集団教育の中であることを正しいと思わされ、同じであることを強要されることに何も感じずに従う人ばかりの中で「なんかおかしい」という違和感を流さないでいました。

「どうしたら麻痺してしまった感覚を再び働かせられるか。」

ということを探究して行く中で、私の中で天命とも言うべき役割が見えて来ました。

「世界を感じるための新しい窓をつくれば、世界は簡単に入れ替わってしまう」

こうして、私は、世界を感じるための装置や道具を作り始めました。

後に、アートやデザインで用意されたものごとを感じるのではなく、人の感覚や感じ方自体を豊かにしたいと、認知科学や心理学の世界へと入っていきました。

「出来事はただの出来事、どう感じるかは自分で決めている。」

「だから自分や周囲の人の感じ方を自分で導く事ができれば、世界は色鮮やかに輝き出して、人生を楽しめるようになる。」

という思いで、感覚を豊かにすること、環境を豊かに知覚できるようにすることをテーマとして、さまざまなツール制作や実践を行っています。10代の頃から探究してきた、世界を感じるための方法は約250枚の感覚開きカードにまとめました。現在はこのカードなどを使った、ワークショップやフィールドワークを行っています。

 

 

興味はあるけど、どんなことをするのかもっと知ってから参加するか決めたい!」という方は、『感覚開き塾ー自分と相手と世界を感じる感性をひらくー通信課程レベル1』(無料)をお受けいただければと思っています♪ 

 

感覚開きカードを使ってみたい方、詳しく知りたい方はこちらもどうぞ。

感受性を豊かにする!楽しく生きる!幸せになる!魔法の感覚開きカード

 

 

関連記事

日常の何気ない出来事や風景が楽しく深く感じられるようになるために、五感と感性を磨く7つの方法

自然にできる表情と造形を感じよう(世界を感じるための方法)

世界を感じるための方法:虫目線で近づいて小さな世界を観てみよう

空色の変化を観てみよう

今まで気付いていなかったものを探してみよう

聴こえた音を書き出してみよう

こだわって観る対象を決めて歩こう

その場所の昔を回想してみよう

何故そうなっているのか意味を問うてみよう

仲良くなれそうな人を探してみよう

天気を感じてみよう

つまらない毎日を楽しくするには?感覚開き散歩のすすめ

○○を高めれば気付く力と学ぶ力も高まる!感覚開きのすすめ

自分とは考え方や感じ方が違う人ともうまく付き合えるようになるには?

発想やアイデアを豊かにするには?感性を磨く方法

感覚開き散歩/五感トレーニング体験者の声

「2/23梅の花、切り通しの岩壁と森を味わおう!鎌倉感覚開き散歩:自然を感じる感性をひらく」の感想

感覚開き塾~自分と相手と世界を感じる感性をひらく~通信課程始めます!

自然を感じる感性を磨いてより楽しめるようになる!感覚開きツアーin高尾山下見報告

高尾山感覚開き散歩:登山コース・豊かな自然・薬王院や天狗などの観光スポット・ハイキング・グルメ

白黒の世界が色鮮やかに!世界を感じる感性を拓き続けたこれまでの人生(パート1)

白黒の世界が色鮮やかに!世界を感じる感性を拓き続けたこれまでの人生(パート2)

白黒の世界が色鮮やかに!世界を感じる感性を拓き続けたこれまでの人生(パート3)

白黒の世界が色鮮やかに!世界を感じる感性を拓き続けたこれまでの人生(パート4)

白黒の世界が色鮮やかに!世界を感じる感性を拓き続ける、今とこれからの人生

—————————————————————————-

無料メルマガ「感覚を開くと人生が豊かになる!自分と相手と世界を感じるための方法」

ブログには書けない詳しい情報や最新の情報、プライベートなエピソードと写真なども発信していきます。ご希望の方は、良かったらこちらへ登録ください。

Benchmark Email
The following two tabs change content below.

kuri

自分開き・心開き・感覚開き・悟り開き人”くり”です! 「自分と相手と世界を感じる感性をひらく」ことを通して、「自分と相手と世界と仲良く調和できる世界をつくる」ために活動しています!


Leave A Reply

*
* (公開されません)
*